QRコード

年末年始診療のお知らせ


トップニュース
新型コロナウイルス感染症による当院の対応について


トピックス
冬場に注意したい犬猫の病気
 
 診療案内  設備案内  ペットホテル・トリミング
診療時間や医院へのアクセスはこちらをご覧下さい。
当院の診察設備です。
詳しくはこちらから 
トリミング
ペットホテルのご案内
詳しくはこちらから
 

■年末年始診療時間のお知らせ
<年末>
12月29日(水)休診
12月30日(木)通常診療
12月31日(金)午前9時〜午後3時まで診療、休憩時間なし、往診なし
<年始>
1月1日(土)〜3日(月)は午前10時〜昼12時まで診療
1月4日(火)午前9時〜12時、午後4時〜午後6時
1月5日(水)〜7日(金)休診
1月8日(土)より通常診療になります。

■新型コロナウイルス感染症による当院の対応について
・診察の方
 37.5℃以上の発熱、咳、味覚障害等の症状がみられる方のご来院はご遠慮願います。  できるだけマスクの着用と咳エチケットにご協力ください。
 3密(密閉、密集、密接)を避けるためお車での待機を推奨お願いする場合があります。  換気の為、待合室の窓を開けておりますので逃亡防止にリードをつける・キャリーケースにいれるなど徹底をお願い致します。猫ちゃんは洗濯ネットに入れてからキャリーケースに入れて頂くとより安心です。
 現金、paypayでのお支払いであればお車で清算可能です。

・お薬をとりに来られる方
 当院で継続して飲まれるお薬は獣医師の判断の下、多めの日数で処方することもできます。ご来院される前日18時(日・祝16時)までにご連絡いただければ当日のお渡しがスムーズになりますのでご利用ください。 部分カットなど美容目的のご来院はお控えください。 来院したほうがよいか悩んだ場合はまずお電話ください。
(TEL:0465-32-0010)
診察は通常通りの時間帯で行っております。
月・火・木・金・土  9時〜12時 16時〜20時
日・祝        9時〜12時 16時〜18時
水曜休診
患者様にはご不便・ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

■「冬場に注意したい犬猫の病気」
日が短くなり、寒さも身に染みる季節となってまいりました。 この時期に注意したいわんちゃん、ねこちゃんの病気についてお話ししたいと思います。
まずはねこちゃんから!
冬場、気温が下がると猫ちゃんは飲水量が減ってきてしまいます。 飲水量が減るとどうなるか…? おしっこの量が減り、濃くなってしまいます。 おしっこが濃くなると膀胱の中に結石ができてしまい、それが膀胱を傷つけて血尿がでてしまったり尿道に詰まっておしっこが出なくなってしまったりします。
特に男の子は尿道が狭いので、結石ができてしまうと詰まりやすく、おしっこが出ない状態で3日程放置すると死んでしまうかもしれない怖い病気です。 おうちの子がきちんとお水を飲めているか、おしっこが出ているか、また色(茶〜赤)やにおい(いつもより臭いなど)を気にしてみてあげてください。 なかなかお水を飲んでくれない子はウェットフードを食べさせてあげるのも効果的です。
尿石ケアができるごはんのサンプルもお出しできるので試してみたい!などの相談もお気軽にスタッフまでお声掛けください。
続いてわんちゃん!
寒がりのわんちゃんで飼い主様のお布団に入ってきたり、自分の毛布にくるまっている子はいませんか?
毛布にくるまっているとお耳の湿度が高くなり、梅雨の時期のように蒸れてお耳が炎症を起こしてしまったり汚れが出てきてしまったりする子がいます。
頭を振るようなしぐさだったり、足で耳を掻くような素振りが見られたらお耳を気にしてみてあげてください。

11月末から12月頭までフィラリアの予防をしていただいていたオーナー様
夏に比べて数は減りますが、冬場寒い時期でも行動している種類のダニもいますのでぜひ1月から3月の間もノミダニ予防薬の投与をお願い致します。 わんちゃんねこちゃんに共通することですが年末年始は人が集まったり、いつもはいない人がいたりすることでストレスを感じ下痢嘔吐の症状が出る子が多くいます。 気持ちを落ち着けるサプリメントやストレス緩和作用のあるごはんなどもありますので、こういった症状で困ってる!というオーナー様がいらっしゃればご相談ください。 今年の冬も元気に乗り切りましょう!

 
COPY RIGHTS 2007(C) AONO PET CLINIC. ALL RIGHTS RESERVED. ペットショップ p's-first